「酵素新時代」今話題の生きた酵素のサプリメント!私はこう感じた!

「酵素新時代」とは、日本人の伝統食材である穀物(玄米、小麦など)を麹菌で発酵させ、アミノ酸、ミネラル、有胞子性、乳酸菌、各種酵母をブレンドした酵素食品です。

「酵素新時代」の特徴

酵素新時代は、生命の体に欠かせない酵素をしっかりと体内に届けることができます。

その理由は、生きた酵素と高い酵素パワーにあります。

酵素新時代は、酵素食品の製造過程で非加熱法や低温熟成法を用いています。

これらの方法を用いることで、50℃以上の加熱をして酵素が死んでしまうことを避けることができます。

このようにして、生きたまま酵素を体内へ届けることが可能になりました。

そして、日本で唯一、生きた酵素のまま「6大酵素」を摂取することができます。

「6大酵素」とは、アミラーゼ、プロテアーゼ、リバーゼ、セルラーゼ、ラクターゼ、へプチターゼのことです。

これらの酵素は、炭水化物・脂質・タンパク質・食物繊維・乳製品・ペプチドなどを分解する働きを持ちます。

生きたままの6大酵素をいっぺんに摂取することで、体内でも活発のまま高い酵素パワーを発揮することができます。

「酵素新時代」のデメリット

酵素新時代の気になる所を2点だけ紹介しておきます。

まず、アレルギーです。酵素食品は体に良いイメージが先行しがちですが、アレルギーには注意しておく必要があると思います。

いくら酵素が体内で生成されているものであっても、酵素新時代の製造元は穀物です。

玄米や小麦を麹菌で発酵させ、乳酸菌などをブレンドさせています。

アレルギーをお持ちの方は、しっかりと配合成分の確認が必要です。

次に、強い効果が期待できるゆえに体調不良になってしまう可能性も考えられます。

「6大酵素」が生きたまま入っていますから、人によっては酵素の作用が効きすぎてしまう可能性もあります。

例えば、酵素の作用が活発で、下痢になってしまう、体がより水分を必要として便秘になってしまうなどです。

多く飲めば体に良いとは言えません。自分の身体に合う量の見極めが必要だと思います。

「酵素新時代」のメリット

最後に酵素新時代のメリットを2つ紹介します。

まず、酵素新時代は他の酵素食品に比べて信頼度が高いです。

酵素新時代が他の酵素食品とは大きく異なる点は、非加熱法や低温熟成法を用いていることです。

これらの方法は酵素新時代を製造している統医研アソシエイツ株式会社が開発した製造方法です。

生きた酵素を製造するためにかなり時間をかけて研究されていることがわかります。

そのため、他の酵素食品よりも効果が期待できるのではないかと思います。

次に、効果の幅広さが期待できます。6つの酵素が配合されているため、体内でそれらの酵素が働き始めると、多くの作用が実感できると思います。

しっかりと体内に届いた酵素たちが働くことで、血液の循環がよくなる、腸内環境が良くなる、肌の調子が整うなどといった効果が出ます。

このような良好な体の調子が続くことで、疲れやすさやめまい、風邪をひきやすい、健康診断の数値が気になるなど慢性的に起こっていた症状を徐々に改善していくことにつながります。

一粒でもしっかりと作用しますが、飲み続けることも大事なポイントです。

体の調子がどんどんと良くなっていくのを感じられるのも毎日が楽しくなりそうですね。

「酵素新時代」の詳細はこちらのページで見ることが出来ます。

>>生きた酵素で、サラサラ週間始めよう!「酵素新時代」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする